×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

3回目の讃岐うどんツアー。
UさんとDさん、いつもの面々です。

今回は、深夜発のフェリーで行こうという計画。
三宮を12:30分に出て、高松着5:00頃着。

10時に梅田で待ち合わせ。
ちょっと早めに梅田に着いたので、
久しぶりに「金盃」に立ち寄る。
大将のツッコミの楽しい立ち飲み屋さんです。

名物のエッグ。

玉子2個を焼いただけ。
塩が少し入っているかな。
これはかき混ぜた後。
単純なのにうまいねん。
 

さて、待ち合わせの時間です。

では、神戸に向かって GO!!

***
 

UさんとDさんが食事を摂っていないということで、
神戸中央市場前の「駅前」へ寄る。
24時間営業の居酒屋です。
名物の海鮮丼を注文。
ごはんは少な目にしてもらう。

これで480円ですよ!(笑
安いっしょ?
 

***

フェリー乗り場に到着。
乗船手続きをしていると、
なにやら気になる告知が。

お酒売ってない!......._| ̄|○

慌てて、コンビニの場所を確認し、Dさんと買いに出かける。

なんとか間に合い、船は高松へ。

高松に着いたのはいいけど、午前5時とかですよ。
うどん屋なんか開いてません(笑
街を歩き回り、ネットカフェをなんとか見つけたので、
情報収集と時間潰し。

いい時間になったので、1軒目の「須崎」を目指す。

静かな住宅街の中にありました。
知らなかったら、素通りしそうなお店です。
「うどん」なんて書いてないし、お店の名前も書いてない。
一見すると、いわゆる「よろずや」ですよ。

車を降りると、他の車のお父さんが
「おう!帰りの道分かるのか?」(方言で)
と声をかけられる。
心配してくれてるようです。

お店に入る。
これが入ったところ。
すごいでしょ(笑

中にお父さんがいました。
「うどん食べることできます?」
「あー…、今売り切れた」
「えー。次はいつ食べられますか?」
「あー…、待ってもらったら。時間かかるよ」
「どれくらいの時間ですか?」
「あー…、15分ぐらいかな。洗い物もせなあかんし」
洗い物て!!(笑
「表で待ちます」

すごいいいキャラのお父さんだ。
このお父さんと会っただけで、心が和んだ。

表で待っていると、近所の方が入って行く。
何かしら声をかけてくれる。

うどんができたようだ。
お父さんが「おいでおいで」してくれている(笑
再び店内に入ると、
近所の方が食べ方を教えてくれました。
代金を払おうと。
「いくらですか?」と店のお父さんに聞いたが
「あー…」
「100円」と近所の方(笑
なんか、楽しい♪

うどんはかなり太め。
コシもしっかり。
既製品の出汁醤油とネギをかけて食べます。
ぶっかけですね。
お父さんのキャラと親切なご近所の方。
そして、おいしいうどん。
総合的にめちゃめちゃ良かった1軒です。

店の前にあった看板。

恐っ!!(笑


 

***

2軒目に向かいましょう。
「谷川米穀」
今回はここがメインです。
ここの開店時間に合わせてスケジュールを組んだんです。
有名なお店で、行列はあたりまえ。

山道を走り、お店に到着♪

あれ?行列ができてません!
ラッキー!!
とりあず、お店まで車で近づく。


 

うわー! 臨時休業..._| ̄|○

メンバーはショックを受け、お店を後にする。
 
 

***

気を取り直し、次へ向かう。
「三島製麺」

こちらはお母さんお二人で切り盛りされています。
対応もあたったかいです(嬉

冷たい麺にネギと醤油、スダチをかける。
なんとなく優しいうどんです。
少し、「谷川」の臨時休業から立ち直れました(笑
 

 
***
車は山の中へ向かう。
「山内うどん」

ここも評判のお店。「宮武」系です。
少し関西に近い出汁。
麺はもちろん讃岐ですが、これはこれでうまいです。

このバカでかいゲソ天(120)円も柔らかくて、おいしい♪

ひやひやのかけうどんは200円。

 
***

そろそろお腹いっぱいですが、次の店に。

「SIRAKAWA」
ここも分かりにくいところにありますねー。
他の店のほんわかした雰囲気とと違い、
何か少し緊張感があります。
大将の意気込みでしょうか。
若い女性スタッフがいるのも他とは違いますね。

注文したのは「たこちくかけうどん」
380円。
高っ!!
実際は安いんだけど、
他が100円とかだから、高く感じるね(笑

でも、天ぷらは通し揚げだし、
うどんもうまい!!
充分安いです。

そろそろおなかいっぱいです。
腹ごなしを兼ねて、こんぴらさんへ行ってみる。
初めてのこんぴらさん。
なんか、階段がすごいらしいですね。

うん。きつかった。
全部登ると1000段以上。
360段ほどの「大門」で諦めました(笑

UさんとDさんは上まで登って行きました。
先に下に降り、ベンチでビールを飲んで待つことに。

***
 

腹ごなしもできたので、もう1軒行くことに。
「はゆか」
セルフのお店です。
 

讃岐では初めてあったかいうどんを食べました。

ここもうまい。
麺は表面がもちもち。
でも、コシがしっかり。
スープも讃岐風。
大満足で店を出る。

***

16時ごろ高松へ着いたものの、フェリーの出航が20時。
まだまだ時間があります。

高松駅周辺を散策。
いい居酒屋ないかなぁ。

でも、どっこも開いてない。
やっぱり、昼から飲める大阪はすごいと実感。
あちこち歩き回る。
酒屋さんで居酒屋の情報を聞いてみる。

高松の居酒屋は、だいたい18時以降に開くらしい。
俺は、高松に住めないなあ(笑

それでも、探し回っていると、開いてそうな居酒屋発見。
店の中を覗いていると、
近所のおじさんが、
「居酒屋探してるの?
 そこは入れると思うよ。
 声かけてあげようか」とお店の人に聞いてくれた。
おじさん、足をケガしてるのに、申し訳ないです。

そして店に入る。
6人ほどのカウンターと8名ほどの座敷があります。
四国の鶏と魚が食べられるようです。

最初に突き出しが出てきました。
え?突き出しは200円て書いてるよ。

確認してみると、これはやはり200円。
「料理に時間がかかるので、うちではこうさせていただいてます」
すごいサービス。
他の料理も安いです。


 
 

お店の人もあったかい。
この後、フェリーに乗って帰ったんだけど、
香川県の人たちは親切な人が多いですね。
そしてあったかい♪
うどんもおいしかったけど、
優しい人たちに会えて、すごく気持ちのいい旅になりました。

香川県の方達、ありがとうございました!

あ!UさんDさんも(笑